“全国葬儀事情ガイド” TOP > おくりびと > 幕張り

幕張り

幕張りの基本 焼香台の幕張り術

幕張り幕張りは葬儀の室内装飾の基本技術です。葬儀おける幕とは、祭壇を引き立たせ、室内を一体化させるものといわれています。幕は参列した人の気持ちをひとつにし、厳粛な気持ちで喪に服する空間を演出するために欠かせない存在ともいえます。  
この幕張りの基本となる焼香台を例に、以下で装飾の仕方を解説します。まず台を用意し、画びょうを打っていきますが、このときびょうの数は最小限とし、びょうを打つ場所も側面の幕の上から見ても凹凸が左右均等にするのが理想的といわれています。正面・側面に張る幕は天板の上で裏返します。あらかじめ裏返してびょうを打っていけば作業が効率的になります。
幕張りで重要なことは中心を正確に取ることです。目安となる部分にびょうを打ち、双方ともがびょうの大きさの分だけ等しく間が空けば真ん中に打てたことになります。胸元で幕を重ね合わせて確認したり、家紋がついて入れば透かして重ねることで正確を期すことができます。前後・左右の適切な場所にびょうを打ち、幕全体を裏返せば完成です。  
以上の作業を再確認すると、次の点がポイントになります。
・ 作業はできるだけ天板の上で行う
・ 幕を裏返して張るテクニックを用いる
・ 中心を正確に取る
・ 幕の両端を重ね合わせれば中心の目安になる
・ 家紋を重ね合わせたりすることもわかりやすい目安になる

技のポイントは中心を正確に取ること

葬儀を自宅で行う場合には、玄関周りや廊下、天井、壁、柱、階段などにも幕を張ります。そして、葬儀を行う部屋の装飾に移っていきますが、ここでは幕張りの前にその中心となる線を決めることが重要になります。
和室の場合にはたたみのヘリや天井の線などが参考になりますが、必ずしも部屋の中心とは限りません。天井の電源部分が中心だと思い込んで作業を行うと、左右の幕や装飾、さらには祭壇の位置まで崩れしまうこともあるといいますから、いかに中心を正確に取ることが重要かがわかります。  
この中心を取ることは幕張りのあらゆる場面で重要なポイントになります。水引幕についてもこれは同様です。水引きは左右のバランスが最も問われる装飾であり、細やかな注意が求められます。自宅葬ばかりでなく、寺院や会館などの葬儀でもこの水引の装飾は施され、幕張りのプロにとっても腕の見せ所になります。  
幕を張り終えたら中心から布の表と裏に水引の紐をたらします。水引は幕の上のほうで結ぶよりはいったん下のほうで結び、上下を返したほうがスムーズにできます。結び目を引っ張り上げ、形を整えれば完成となります。

装飾こそ幕張りの目的

幕張り幕張りの技術でもうひとつ重要な要素がひだです。焼香台なども幕に余裕がある場合はひだをあしらってより美しく装飾します。ひだの作り方は、幕をあらかじめ天板の上で裏返し、10cmほどの幅で丁寧に折り返しながら画びょうを打っていきます。これで表に返せば完成となります。幕張のプロはこの作業を手早く行いますが、ここでは手のひらや指をものさしとして利用することで長さを合わせていくという技が発揮されています。  
幕張りでは単に隠すということではなく、装飾するという点がポイントになっています。一流のプロは常にそうした意識を持って作業を行っています。そして、その装飾も決して華美にならず、その家その家の個性を引き出すことを心がけています。

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社