“全国葬儀事情ガイド ” TOP > おくりびと > 葬祭ディレクター

葬祭ディレクター

全国には1万8000人超の葬儀のプロがいる

葬祭ディレクターこれまでさまざまな葬儀のプロたちとその技を紹介してきましたが、そうしたプロたちを束ね、葬儀という厳粛な儀式を取りまとめる役割を果たしているのが葬祭ディレクターです。  
葬祭ディレクターとは、葬儀業界で働く人にとって必要な知識と技能のレベルを審査し、認定する厚生労働省認定の資格制度です。平成8年にその認定機関である葬祭ディレクター技能審査協会が第1回試験を実施して以来、これまでに1万8000人を超える葬祭ディレクターが誕生しています。  
欧米では葬祭業にライセンスの取得が義務付けられている国もありますが、日本にはそのような制度はありません。しかし、葬儀サービスのより一層の質の向上という観点からこのような制度が設けられることになりました。葬祭ディレクター技能審査協会でも、葬祭業界に働く人々のより一層の知識・技能の向上を図ることと併せて、社会的地位の向上を図ることをこの制度の目的として掲げています。

葬儀のプロの証

葬祭ディレクターには1級と2級の資格があります。2級は葬祭実務経験が2年以上、1級は5年以上または2級合格後2年以上の実務経験があることが受験資格とされています。試験は学科、幕張装飾、接遇、司会、実技筆記試験の5項目にわたって行われます。合格者には1級、2級の葬祭ディレクターの称号が付与され、葬祭ディレクターであることを証明するIDカードをつけて業務に当たることができるようになっています。  
葬祭ディレクターは葬儀の受注から会場の設営、式典運営にいたるまでの幅広い知識と技能を有しています。1級と2級の違いは、2級が個人葬を対象にしているのに対し、1級は社葬などを含めたすべての葬儀を対象にしている点です。  
つまり、葬祭ディレクターは葬儀のすべてがわかるプロとしての資格ということができます。事前準備から通夜・葬儀当日の運営、そして事後の相談まで含めてなんでも相談できる存在なのです。

遺族の気持ちに配慮してこそプロ

葬祭ディレクター葬儀のプロは技術面ばかりでなく、心のケアについても研鑽を積んでいます。単なる葬儀の進行役ではなく、ご家族の一員としての立場からその状況やお気持ちに配慮し、ご要望に的確に応えながらお別れのときを演出していきます。  
とはいえ、葬祭ディレクターは葬儀のプロとしてのゴールではありません。ディレクターたちは資格取得後もさまざまな研鑽を積み、その技術や知識を深めると同時に、人間としての成長も目指しています。  
人の心の痛みがわかり、その心中を察するとともに、限られた時間の中で最良のアドバイスをし、ご遺族にとって最良の選択をしていただく。葬祭ディレクターはこうしたきわめて困難でありながら、やりがいのある仕事に日夜励んでいます。

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社