“全国葬儀事情ガイド ” TOP > 山梨県の葬儀事情・お葬式のしきたり

山梨県の葬儀事情・お葬式のしきたり

出棺の際、棺を3回まわす

山梨県大月市近郊では、出棺の際に近親者で棺を担ぎ、3度ぐるぐると回すというしきたりが見られます。これは、「三度回し」「棺回し」などと呼ばれ、その意味は諸説あります。ひとつは、棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためで、迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられていると考えられているというもの。もうひとつは、この「回る」という行為は、仏教の修行にも多く見られたり、お遍路さんが聖なる場所を回ったりするように、回るという儀式を行うことで現世での罪をなくすための修行を行っているとする「減罪信仰」からとも言われています。

土葬が残っている

土葬現在の日本は世界的に見ても火葬の先進国と言っても良く、その割合は99%以上にものぼりますが、その残り1%弱は、今でも土葬されているということになります。そのごくわずかな土葬の墓地の一部が山梨県の塩山に存在しています。
火葬が浸透しているため、土葬はいけない事だと思っている人もいるようですが、法律では土葬を禁じているどころか、むしろ火葬と平等に扱われています。
現実問題では土葬する場所や衛生上の問題があって、自治体レベルでは禁止されている地域が多く、かなりの少数派となっている土葬ですが、この山梨県のように、昔ながらの文化を守っている地域があるということは、最近の葬送の自由を求める風潮にも合っているのかもしれませんし、イスラム教徒など戒律で土葬でなければならない方々のための墓地としても、残っていくべきものなのでしょう。

出棺は仮門から

出棺の際に玄関の脇に仮門を作って、そこをくぐって出棺するという風習が、山梨県の一部地域に残っています。仮門とは、竹などの素材をアーチ状に曲げたもので、出棺の後はすぐに壊してしまいます。仮門とは冥土の入り口という意味があり、死者が戻ってきても、入り口が無いのでこの世に帰ることができないとされています。

山梨県各地の葬儀事情

西部

東部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社