“全国葬儀事情ガイド ” TOP > 山口県の葬儀事情・お葬式のしきたり

山口県の葬儀事情・お葬式のしきたり

香典のほかに供物を贈る

供物山口県では、香典のほかに別途、果物やお菓子などの供物を贈ることが多く、農村部などではお米や農作物を持ち寄る場合もあります。この供物は、お葬式の間に食されたり、皆で持ち帰ったりします。これは、福岡などの他地域で見られる「通夜見舞い」と共通する風習といえます。



出棺前に出される膳「立飯」

山口県では、出棺前に、故人と最後の膳を囲む行事として、「立飯(たちは)」という風習があります。この「立飯」には、大豆やご飯のおこげを食べますが、そのいわれは定かではありません。その後の出棺では、西日本で広く見られる風習と同じように、故人の愛用の茶碗が割られ、送り火として藁を燃やしますが、このとき、棺に向かって米や大豆を撒く地域もあります。
故人の茶碗を割る「茶碗割り」には、故人の愛用品を壊すことで、「あなたの愛用品は壊してしまいましたから、もう帰ってくる場所はありませんよ」と教え、現世への未練を断ち、迷いなくあの世に旅立つようにという意味があると言われています。また、米や大豆を撒くのには、神道で祭壇に供える「神饌(しんせん)」に、稲などの農作物があることから、塩をまくような「お清め」の意味合いが含まれていると考えられます。

霊柩車までの距離でも葬列を組む

火葬が一般化した今でも、門から霊柩車までのわずかな距離を葬列を組んで移動することが、山口県の一部地域で見られます。これは土葬の時代の野辺送りが変化して残っている風習と考えられ、葬列は、ちょうちん、位牌、遺影写真、四華花(しかばな)、棺などの順に並びます。霊柩車に棺を納めた後は、それぞれ車に乗って火葬場へ向かい、火葬場では持参した位牌や四華花などを設置し、読経と焼香を行います。

山口県各地の葬儀事情

西部

中部

東部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社