“全国葬儀事情ガイド” TOP > 山形県の葬儀事情・お葬式のしきたり

山形県の葬儀事情・お葬式のしきたり

告げ人

告げ人昔、電話があまり普及していなかったころは、地域や菩提寺に知らせに行く役割の人「告げ人(つげにん)」がいました。告げ人は、忌を避けるために男性2人一組となって動くのが基本で、1人では知らせに行きません。現在は見られなくなったこのならわしですが、山形県の一部地域ではこの風習が今でも残っていて、菩提寺への連絡などには、男性二人で出向くことがあります。

念仏講が歌を詠う

山形県のお葬式では、「念仏講」や「観音講」という地域組織に属している年配の女性が集まり、歌を詠います。内容は、仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌にしてある優しい雰囲気の歌で、「御詠歌」と言います。流派によって、仏具の鈴(れい)や、雅楽で使う金属の打楽器・鉦鼓(しょうこ)を用いて御詠歌を唱和します。
近年、住宅街などでは騒音の問題などで徐々に見られなくなっている風習ですが、寺院で行うお葬式や農村地などでは今でも見られる風景です。
葬儀・告別式の前に火葬をする「前火葬」の地域でもある山形県、特に都市部以外の地域では、火葬後は自宅や式場ではなく、寺院で葬儀・告別式を行う場合も多く、この御詠歌の風習が残りやすいのかもしれません。

葬儀当日に三十五日(五七日)法要を行う

葬儀・告別式の日に、初七日法要までを繰り上げて行うのは、いまや全国的に見られる風潮ですが、山形県では、三十五日(五七日)法要までを葬儀当日に行うことがあります。
三十五日は、四十九日についで重要な日とされていますが、全国的に見てもこの日に法要を行う家庭はそう多くはありません。山形県では、「三十五日目に法要を営むのは難しいが、省略するのはしのびない」と考えられているのかもしれません。

山形県各地の葬儀事情

南部

北部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社