“全国葬儀事情ガイド” TOP > 和歌山県の葬儀事情・お葬式のしきたり

和歌山県の葬儀事情・お葬式のしきたり

友引のほか、三隣亡にもお葬式を避ける

迷信で「死者が友を引き、連れて行ってしまう」とされ、多くの地域がお葬式を避ける六曜の「友引」ですが、和歌山県ではこの友引に加えて、暦注の「三隣亡(さんりんぼう)」の日にもお葬式を避ける地域が多くあります。三隣亡とは読んで字のごとく「三軒隣まで亡ぼす」という意味で、この日に棟上など建築にかかわる作業を行うと大変な災いが起こるとされる、建築の大凶日です。しかし、もともとは三隣亡とお葬式とは何の関係もありません。おそらくは、その字面の恐ろしい印象から建築と同様にお葬式も避けるようになったのではないでしょうか。

扇子を破って投げる

和装の喪服には、不祝儀用の扇子を携えることがありますが、おめでたいことではないため、決して扇子は開くことなく、お葬式が終わった後は二度と不幸が起こらないよう、その場限りで捨ててしまうのがしきたりとなっています。
和歌山県では出棺の際に茶碗を割り、藁を燃やすと同時に、扇子を破って屋根に向かって投げるという風習が残っている地域があります。

お葬式に集まった女性たちが歌を詠う

御詠歌和歌山県の一部では、お葬式が終わり、遺骨を後飾りの祭壇に安置したら、遺骨を家へ迎え入れるための「還骨勤行(かんこつごんぎょう)」を営みます。このとき「講」などの地域組織に属している年配の女性が集まり、歌を詠うことがあります。その歌の内容とは、仏教の教えを五・七・五・七・七の言葉で和歌にしてある、優しく穏やかな日本風のメロディに載せた歌で、これを「御詠歌」と言います。御詠歌には様々な宗派があり、同じ宗派の中でも流派が分かれています。流派によって、仏具の鈴(れい)や、雅楽で使う金属の打楽器・鉦鼓(しょうこ)を用いて御詠歌を唱和します。そして還骨勤行が終わった後には、精進落しの膳を囲むのがならわしとなっています。

和歌山県各地の葬儀事情

北部

南部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社