“全国葬儀事情ガイド” TOP > 富山県の葬儀事情・お葬式のしきたり

富山県の葬儀事情・お葬式のしきたり

必ず飾る「四華花」

四華花富山県内では、お葬式の際に必ずといっていいほど「四華花(しかばな・死華花とも書く)」を用意し、祭壇に飾ります。四華花とは、木の棒に細長く切った紙を沢山挟んだもので、お釈迦様が亡くなられたときに、真っ白な花をつけて遺体を覆った沙羅双樹の木花にちなんでいるといわれています。





棺に白いさらし布を結ぶ「善の綱」

富山県には、出棺の際、棺に白いさらしの布を結びつけ、この端を遺族が持って引っ張るという風習が残っています。もともとは、棺を墓地や火葬場へ運ぶ「野辺送り」の葬列で行われていたしきたりで、「善の綱(ぜんのつな)」と呼ばれています。
この善の綱を引くのは近親者の女性や子供ということが多く、「故人を善いところへ導く綱」という意味があります。この善の綱ですが、昔ながらのしきたりで行われることは年々少なくなり、今では白い布を手に持つという形で代用することが増えているようです。しきたりとは、このようにして受け継がれながらも形を変えていくものなのでしょう。

喪主は白装束で火葬場へ

富山県の呉西などの地域では、出棺し、火葬場へ移動する際、喪主ならびに遺族が白装束を着るならわしが今も残っています。
通常の喪服は黒ですし、白装束と聞くと、死装束の印象が強いため、違和感を持つ方も多いかもしれませんが、実は、古来日本では喪服の色は白だったのです。逆に黒とは現在でも結婚式に出席する既婚女性が黒い留袖を着るように、おめでたい席で着る色だったのです。喪服の白と黒が逆転したのは、明治時代までさかのぼります。明治天皇の嫡母である英照皇太后の葬儀の際、当時欧化政策を押し進めていた明治政府が、黒を喪の色とする西洋からの国賓の前でも恥ずかしくないようにとの思惑があってか、哀悼の意を表す色としてはじめて黒を採用したのです。
喪主や遺族が白い喪服を着るという、全国から見れば少数派の富山県の風習ですが、古来からの長い歴史を見ていくと、本流といえるのかもしれません。

富山県各地の葬儀事情

富山県

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社