“全国葬儀事情ガイド” TOP > 鳥取県の葬儀事情・お葬式のしきたり

鳥取県の葬儀事情・お葬式のしきたり

4個の送り団子

4個の送り団子鳥取県では、枕飾りに供える枕団子のことを「送り団子」と呼び、全国的には6個供えるのに比べて、2つ少ない4個を供えるのが一般的です。これは「死=四」という連想と結びついているようです。



通夜を「伽」という

鳥取県では、通夜のことを「伽(とぎ)」と呼ぶことがあります。一部では「夜伽(よとぎ)」とも言われ、この「夜伽」には、故人の横で夜通し過ごすという意味があることから、故人が淋しくならないように、皆で夜を共にするという、通夜本来の考え方からくる呼び名といえます。

3回鉦(かね)を鳴らす

鳥取県の一部地域では、葬儀・告別式が終わる際に「二番鉦(にばんかね)」、出棺の際に「寄せ鉦(よせがね)」と呼ばれる三番鉦を鳴らし、故人を送る風習があります。鉦とは、仏具の一種の打楽器で、丸い青銅製のたたきがねのことです。

善の綱をひく

鳥取県の一部には、出棺の際、門から霊柩車までの距離をあえて取り、移動する「そうれん」という風習が残る地域があります。このとき、棺に白いさらしの布を結びつけ、その端を近親者の女性が持ち引っ張る「善の綱(ぜんのつな)」という風習も同時に行われます。「そうれん」とは、もともと、棺を墓地や火葬場へ運ぶ「野辺送り」が残った風習で、その葬列で行われていたのが「善の綱」です。善の綱は、故人と血縁の近い人ほど棺に近い場所を持つのがならわしで、「故人を善いところへ導く綱」という意味があります。
鳥取県には、同じ白い布を引っ張る風習を、呼び名を変えて「縁の綱(えんのつな)」と呼ぶ地域もあり、この場合、善の綱とは意味合いが異なるといわれています。というのも、白いさらし布は切れやすいということから「故人との縁を切る」つまりは別れのしきたりというわけなのです。
同じ県内の同じような風習にも、地域によって違う意味合いがあるというのは興味深いところです。

鳥取県各地の葬儀事情

東部

西部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社