“全国葬儀事情ガイド” TOP > 東京都の葬儀事情・お葬式のしきたり

東京都の葬儀事情・お葬式のしきたり

民営の火葬場がある

民営の火葬場がある全国的にみると、火葬場は自治体が運営しているのが一般的ですが、東京都23区部に9つある火葬施設の中で、公営の火葬施設は2件のみ。あとの7件は民間の企業が運営しています。これは全国的にも珍しく、人口が密集していて、火葬場不足が問題となる東京ならではです。自治体が新たに公営の火葬施設を建設しようとしても、土地が無かったり、住民の反対運動などが問題となり、民営頼りにならざるを得ないのが現状のようです。

死亡日から通夜まで、一週間空くこともある

東京都では、式場が不足がちとなっていて、人気のある公営施設や火葬場併設の民営施設などでは、一週間先まで予約が埋まってしまっていることがあります。
その施設での葬儀を希望する場合は、通夜ができるのが7日後ということも珍しくなく、地方から来た親族などから驚かれることも多いのです。
故人は、お葬式までの間、自宅で安置するケースが通常ですが、集合住宅や間取りなど、住宅事情などの問題から、火葬場に併設されている冷蔵保管庫や葬儀社に預け、通夜当日まで安置するケースも多数見られます。

参列者へ通夜料理を振舞う

通夜振舞い東京では、焼香に来た一般参列者にも通夜料理を振舞います。式場などで焼香をした後、係員が別室へ案内し、寿司やオードブル、煮物、そして酒などの飲み物が振舞われます。これは「通夜振舞い」と呼ばれ、一口でも箸をつけることが供養になるとされていますので、参列者が断ることはしません。遺族のみが食事を取る関西地域等から見れば、まったく逆の風習です。

火葬と葬儀を別の地域で行う

東京に呼び寄せていた田舎の親が亡くなったという場合などでは、火葬だけを東京で行い、後日遺骨となって田舎へ帰った際、地元で骨葬を行うということも数多く見られます。火葬と葬儀をまったく別々の地域で行うということは、大都市だからこそ見られる現象でしょう。

東京都各地の葬儀事情

23区

西部

中部

離島部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社