“全国葬儀事情ガイド” TOP > 徳島県の葬儀事情・お葬式のしきたり

徳島県の葬儀事情・お葬式のしきたり

放生の儀式

放生の儀式徳島県では、出棺の際に故人愛用の茶碗を割り、この世との未練を断つならわしが広く行われていますが、このとき、お盆の「送り火」のように、藁やおがらを炊いて送り出すこともあります。さらには、「放生(ほうじょう)」といって、鳩を空に放つ家も見られます。放生とは、仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生した儀式で、捕らえられた生き物を逃がすことで徳を積むという意味合いがあります。故人があの世ですこしでも良い思いができるようにとの願いがこめられています。

「講」組織が通夜・葬儀を手伝う

四国全域には、10件程度の家が一単位となって、通夜・葬儀などを手伝ってくれる「講」と呼ばれる近隣組織があり、徳島県では「講組」とも呼ばれています。四国において、講とは、地域の重要な仕事と捉えられていて、中には仕事を休んでまで講を優先するのが当然と考えられている地域もあります。

霊柩車と葬列を組む

徳島県内郡部などの一部地域では、出棺した後に霊柩車が徐行運転をし、その後を、野辺送りのような葬列を組んで、一区画分だけ歩くしきたりが残っていたり、式場出口や自宅玄関から霊柩車までのわずかな距離に葬列を組むこともあります。 葬列を組む文化は、土葬が一般的だった時代には広く行われていたものですが、火葬となり、霊柩車を利用するようになった現在でも残っているのは珍しいことです。

帰宅時に、竹で作った馬をまたぐ

一部地域では、竹で模した小さな竹馬をまたぐならわしがあり、その際塩を体にふりかけます。
火葬場から帰り、遺骨を安置した後に、初七日法要を行うのが一般的ですが、最近では告別式中に行うことも増えています。初七日法要のあとは、精進落としにあたる「まないた直し」の膳を囲み、故人を偲びます。

徳島県各地の葬儀事情

東部

中部

西部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社