“全国葬儀事情ガイド” TOP > 静岡県の葬儀事情・お葬式のしきたり

静岡県の葬儀事情・お葬式のしきたり

「前火葬」と「後火葬」が混在している

静岡県では、同じ静岡市であっても、その家によって通夜、葬儀が終わった後に火葬を行う「後火葬」と、通夜の翌朝に火葬をして、その後葬儀・告別式を行う「前火葬」が混在しています。菩提寺によって、葬儀の順番が違うという場合もあれば、その家代々の葬儀のやり方を守っている場合もあります。
また、地域の近隣組織も機能していて、「弔い組」や「班」と呼ばれる住民の組織が、寺院との連絡やお葬式の準備などを手伝っています。

花籠で「撒き銭」

花籠で「撒き銭」花籠で「撒き銭」火葬後すぐに納骨するならわしがある静岡県では、墓地へ向かう際に小銭やお米を撒く風習「撒き銭」が行われています、農村部などでは、これを特殊な道具を使って行われています。この道具は「花籠」といい、竹でゆるく編んだ、運動会の「玉いれ」で使うかごのような形をしていて、竹竿の先にくくりつけてあります。花籠は2本で1対とされていて、かごの底には和紙をひき、故人の年齢の数だけ小銭を入れておき、四辻の真ん中などで立ち止まり、かごを振って小銭を落とします。
こうしたしきたりは、一説によると仏教の「功徳を積む」という考えからきていて、たとえ知らない人にも分け隔てなく「広くほどこす」ことによって、故人が功徳を積み、あの世で良い思いができるようにとの願いが込められていると言います。

墓地へ出向く際に額に白い三角の紙をつける

静岡県の一部地域では、墓地へ出向く際に遺族や近親者が額に白い三角の紙をつける風習が見られます。伝統的な日本の幽霊をイメージされる方もいるかもしれませんが、この白い三角の紙は死装束のひとつで、仏教では「宝冠(ほうかん)」と呼ばれています。白という色は、白蛇や白狐など神仏の使いの動物が白い色をしているように、この世とあの世を結ぶ霊界の象徴とも考えられています。
白い布を身につけることによって、故人と同じ格好をするということになるわけですが、「故人が旅立つまでは、私たちも共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味が込められているのです。

静岡県各地の葬儀事情

東部・伊豆半島・静岡市

西部・浜松市

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社