“全国葬儀事情ガイド” TOP > 島根県の葬儀事情・お葬式のしきたり

島根県の葬儀事情・お葬式のしきたり

通夜の時間が決まっていない

島根県の一部地域では、通夜の開始時間は特に決まっていないという風習が見られます。会館で行う場合はこの限りではありませんが、自宅葬を行う場合はいまだに見られる風習で、弔問客は各々が適当な時間に喪家へ伺い、焼香をします。ということは、夜通しの通夜とは言わないまでも、それに近い格好になるのでしょう。

お葬式に赤飯が出る

島根県では、長寿を全うして大往生された故人のお葬式で、お赤飯が出されることがあります。一般的には「おめでたいときに出される食事」という印象が強いお赤飯ですが、一説では、天寿を全うされて、安らかに旅立った故人の人生をお祝いするという意味が込められているといいます。
また、災いを福に転じさせるという「縁起直し」の意味合いで、お葬式にお赤飯を食べるという説もあります。古来東洋では、赤とは邪気を祓い、厄を除ける力があるとされていましたので、その儀式が祭事であれ、お葬式であれ、非日常の世界との距離が近くなる時に食べられていたといいます。そう考えると、お葬式でお赤飯を食べるということはなんら不思議ではないことかもしれません。

忌中のしるしに竹を立てる

忌中のしるし家から死者が出た際、「忌中」と書かれた張り紙をするのは全国的に広く見られる風習ですが、島根県の松江市など一部地域では、忌中のしるしとして、門に日本の竹を立てることがあります。二本の竹を門に立てると聞くと、つい、お正月の門松を思い浮かべますが、門松には「門を清め、家の中に邪気が入ってこないように」という意味もあることから、忌中のしるしとして立てるこの竹にも、同様の意味を見ることができるのではないでしょうか。

島根県各地の葬儀事情

北東部

南西部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社