“全国葬儀事情ガイド” TOP > 滋賀県の葬儀事情・お葬式のしきたり

滋賀県の葬儀事情・お葬式のしきたり

故人の額にかみそりをあてる

剃刀滋賀県のお葬式では、お坊さんが故人の額にかみそりをあてる儀式が広く行われています。これは、「おかみそり」という浄土真宗のしきたりで、通常は生きている人間が仏・法・僧の三宝に帰依し、仏弟子になるという意味の儀式で、本当に頭を剃るわけではなく、剃るふりをするだけなのです。
お葬式の場合の「おかみそり」も、本当に頭を剃るわけではなく、刃先が丸めてあるかみそりで軽く頭をなでるだけですので、万が一にも遺体が傷つくような心配はありません。

香典はお葬式が終わってから出す

滋賀県の郡部など一部地域では、隣組など近隣の住民が参列するときには、お葬式の前ではなくお葬式が終わった後に香典を渡す風習が見られます。これは、初七日や葬儀・告別式が終わった翌日の会食に招待された時に、お香典を持参する「こうぎ」と呼ばれる風習です。
それ以外の地域や、近隣住民ではない一般参列者は、他県など他の地域と同じように、葬儀会場の受付で香典を出し、香典返しを受け取って帰宅します。

玄関以外の場所から出棺する

滋賀県では、主に自宅葬を行うときなどは、出棺時、玄関以外の場所から棺を出します。縁側がある家は縁側から、中には窓から棺を運び出すという場合もあるというから驚きます。わざわざ出入りしにくい場所から出棺するのにはわけがあり、人が出入りする場所である玄関を、死者の魂が出入りしないようにという意味が込められています。縁側や窓からただ出て行くのはいいが、戻ってこられないようにというわけです。興味深いのは、昔は婚礼の花嫁も縁側から生家を後にしたという風習があったということ。故人も花嫁も、家を出たからには戻ってきてはいけないという共通点を見つけることができます。

滋賀県各地の葬儀事情

南部

北部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社