“全国葬儀事情ガイド” TOP > 埼玉県の葬儀事情・お葬式のしきたり

埼玉県の葬儀事情・お葬式のしきたり

通夜の香典に紅白の水引

秩父などの地域では、通夜の香典袋のほかに、紅白の水引をかけ、「お見舞い」の表書きを用いた袋を用意することがあります。これを見た他の地域の人はたいそう驚きますし、この風習を知らずに喪主となった場合も、大変戸惑うでしょう。これは、決しておめでたいと思っているわけではなく、「入院中にはお見舞いに行けず今になってしまって申し訳ありませんが、どうぞ受け取ってください」という意味の、遺族への気遣いが込められていると言います。遅ればせながらのお見舞金を、通夜の席でお渡しするという意味なのです。

額に三角の白布をつけて参列する

額に三角の白布埼玉県の北部地域では、参列者全員に小さな「金剛杖」が配られ、それを手に持って参列します。さらに男性の参列者には、額につける白い三角布が配られ、それを身に着けて参列します。よくTVなどで幽霊役の人が身に着けているあの三角の布で、「かんむり」と呼ばれています。
かんむりや金剛杖、これは死装束の一部で、故人と同じ格好をするということになるわけですが、「故人への引導が渡され、三途の川を渡るところまでは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味があります。

前火葬と後火葬が混在

埼玉県では、葬儀・告別式のあとに出棺・火葬をする「後火葬」の地域と、通夜の翌朝、葬儀・告別式の前(葬儀当日の朝)に出棺・火葬を済ませ、葬儀・告別式では骨葬を行う「前火葬」の地域が混在しています。 前火葬の地域の場合、参列者が故人に会っておきたいと思っていても、葬儀・告別式への参列ではお骨となっていますので、それが適わないということになります。

埼玉県各地の葬儀事情

南東部

北東部

西部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社