“全国葬儀事情ガイド” TOP > 岡山県の葬儀事情・お葬式のしきたり

岡山県の葬儀事情・お葬式のしきたり

通夜のことを「夜伽」という

岡山県では、通夜のことを「夜伽(よとぎ)」と呼ぶことがあります。一部では「伽(とぎ)」とも言われ、この「夜伽」には、故人の横で夜通し寝ずに過ごすという意味ですから、故人が淋しくならないように、皆で夜を共にするという、通夜本来の考え方からくる呼び名といえます。

出棺前に出される膳「立飯」

七本塔婆岡山県では、出棺前に、故人と最後の膳を囲む行事として、「立飯(たちは)」という風習があります。この「立飯」、美作地方の一部では僧侶と喪主が生米や塩を食べるまねをする場合もあります。その後の出棺では、西日本で広く見られる風習と同じように、故人の愛用の茶碗を割る風習がみられます。
故人の茶碗を割る「茶碗割り」には、故人の愛用品を壊すことで、「あなたの愛用品は壊してしまいましたから、もう帰ってくる場所はありませんよ」と教え、現世への未練を断ち、迷いなくあの世に旅立つようにという意味があると言われています。
また、火葬当日に納骨をする場合は、小さな七本の塔婆を用意し、四十九日までの7日間ごとの供養として一本ずつ立てていく「七本塔婆」という風習が残っています。

放生の儀式

農村部などでは、「放生(ほうじょう)」といって、故人の子供や孫の手によって、鳥を空に放ったり、池や川に魚を逃がす風習が一部に残っています。 この放生とは、仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生した儀式で、捕らえられた生き物を逃がすことで、功徳を積むことができるという意味合いがあります。これには「生き物を助けることで、故人があの世ですこしでも良い思いができるように」との願いがこめられています。

岡山県各地の葬儀事情

岡山市

南部

東部

西部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社