“全国葬儀事情ガイド” TOP > 大分県の葬儀事情・お葬式のしきたり

大分県の葬儀事情・お葬式のしきたり

通夜の食事を「別れの膳」と呼び、近親者のみで過ごす

別れの膳大分県では通夜振舞いの席を「別れの膳」と呼びます。この席には一般参列者は同席せず、近親者のみで食事の席を囲むのがならわしです。
県南の一部地域では、通夜振舞い自体を廃止する傾向が見られるようです。
全国を見渡すと、大勢で通夜を過ごす地方がある一方で、このように近親者だけで過ごす地域もあり、土地土地の特色がうかがえます。

出棺の際、棺を3回まわす

大分県の一部では、出棺の際に近親者で棺を持ち、3度ぐるぐると回すというしきたりが見られます。これは、「三度回し」「棺回し」などと呼ばれ、その意味は諸説あります。
ひとつは、棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためで、迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられていると考えられているというもの。
もうひとつは、この「回る」という行為が、仏教の修行にも多く見られたり、お遍路さんが聖なる場所を回ったりすることから、「回る」という儀式を行うことで現世での罪をなくすための修行を行っているとする「減罪信仰」からとも言われています。
また、棺を3回回すのは「過去・現在・未来」を意味するとも言われています。

出棺の際、故人の茶碗を割り、参列者に団子を配る

大分県では、出棺の際に故人の愛用していた茶碗を割る「茶碗割り」というしきたりが、県内で広く見られます。これは、故人の愛用品を壊すことで、「もう帰ってくる場所はありませんよ」と教え、現世への未練を断つという意味があると言われています。
また、出棺の際のならわしとしては、出棺に立ち会った参列者に、団子を配るというものがあります。他の地方で見られる「出立ち飯」のように、昔はこの後葬列を組み、墓地へ行き、埋葬しなければならなかったことから、「一緒に力をつけて故人を見送る」という意味合いがあると考えられます。

大分県各地の葬儀事情

南部

北部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社