“全国葬儀事情ガイド” TOP > 新潟県の葬儀事情・お葬式のしきたり

新潟県の葬儀事情・お葬式のしきたり

通夜の香典に紅白の水引

柏崎など新潟県の一部地域では、通夜の香典袋のほかに、紅白の水引をかけ、「お見舞い」の表書きを用いた袋を用意することがあります。
これを見た他の地域の人はたいそう驚きますし、この風習を知らずに喪主となった場合も、大変戸惑うでしょう。これは、決しておめでたいと思っているわけではなく、「入院中にはお見舞いに行けず今になってしまって申し訳ありませんが、どうぞ受け取ってください」という意味が込められていると言います。遅ればせながらのお見舞金を、通夜の席でお渡しするという意味なのです。

放生の儀式

農村部などには、「放生(ほうじょう)」といって、鳥を空に放ったり、池や川に魚を逃がす風習が残っています。放生とは、仏教儀式の「放生会(ほうじょうえ)」から派生した儀式で、捕らえられた生き物を逃がすことで徳を積むという意味合いがあります。これには「生き物を助けることで、故人があの世ですこしでも良い思いができるように」との願いがこめられています。

火葬後からは赤いろうそくを灯す

赤いろうそく葬儀では、黒や白のものを使うことが多いのですが、新潟県の一部では、火葬を終えるまでは白いろうそくを使い、火葬後の法要からは赤いろうそくに変えます。また、精進落しの席からお赤飯を出したり、黒塗りのお膳から朱塗りのお膳に変えるという地域もあり、弔事を表す黒や白から、慶事を表す赤へ変えるということは、葬儀を終え、故人が仏様になったということをおめでたいと考えるという意味や、忌み事から切り替え、日常に戻るという意味など、諸説あるようです。

香典の表書きに「御灯明」を用いる

新潟県でも通常の葬儀参列では香典に「御霊前」を用いますが、親戚の場合、香典の表書きを「御灯明料」としたり、別途、通夜には「通夜見舞い」や、米を持参することがあります。

新潟県各地の葬儀事情

北部

南部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社