“全国葬儀事情ガイド” TOP > 奈良県の葬儀事情・お葬式のしきたり

奈良県の葬儀事情・お葬式のしきたり

「垣内」という組織が通夜・葬儀を手伝う

奈良県には、10件程度の家が一単位となって、通夜・葬儀などを手伝ってくれる「垣内」と呼ばれる近隣組織があります。全国的には「隣組」や「講」と呼ばれている組織ですが、地域によってその呼び方は様々で、奈良県では「垣内」という呼び名が広く使われています。垣内は、遺族に代わって参列者の接待や受け付けをするなど、相互扶助の精神で遺族を助けます。

内位牌と野位牌

内位牌と野位牌奈良県では、枕飾りを設置する際に、「内位牌」と「野位牌」という、2つの位牌を用意することがあります。「内位牌」とは、通常のお葬式でも使われる白木の位牌のことですが、もうひとつの「野位牌」とは、昔、土葬があった時代に、墓に置くための位牌だったといいます。その習慣だけが残っているのです。
位牌が複数あると不思議に感じる人も炒るかもしれませんが、仏教の教えから考えるとさほどおかしいことなどではなく、「位牌に故人がいるのではなく、例えればあの世への窓口のようなもの。その向こうに故人がいるとするならば、別に窓口がいくつあってもかまわない」と説明するお坊さんもいらっしゃいます。なんだか電話の子機のようで、親しみが沸く風習だと思うのです。

茶碗割りの儀式と門火

奈良県の各地では、出棺の際に遺族によって故人の茶碗を割る「茶碗割りの儀式」が行われています。このとき、藁を燃やす「門火」が焚かれることもあります。
茶碗割りの儀式とは、「あなたの使っていたものは壊してしまいましたので、もう帰ってくる場所ではありませんよ」という意味がこめられているといい、故人がこの世への未練をきっぱりと絶ち、まっすぐあの世へいけるようにとの願いが込められています。

奈良県各地の葬儀事情

奈良県

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社