“全国葬儀事情ガイド” TOP > 長野県の葬儀事情・お葬式のしきたり

長野県の葬儀事情・お葬式のしきたり

強力に機能している「隣組」

隣組全国的には都市部を中心にあまり見られなくなった地域の近隣組織「隣組」ですが、人の異動や流れの少ない地域では、今も全国的に見られています。「隣組」とは、10件程度の家が一単位となって、通夜・葬儀の際に喪家を手伝う組のことで、「葬式講」と呼ぶ地域もあります。
この隣組は、特に長野県では強力な機能として動いていて、地域の強い「絆」が、重要な役割を担っており、お葬式の手伝いなどは特に重要な仕事と捉えられていて、会社の仕事よりもお葬式を優先するのが当然と考えられている地域もあります。隣組のメンバーが勤める会社も、地域コミュニティの一員であることも多いため、会社を休んでお葬式の手伝いをすることに関しても理解があるようです。
葬儀社に葬儀を依頼する際も、遺族と葬儀社だけでなく、葬式組の代表との打ち合わせも欠かせません。

通夜の香典に紅白の水引

広大な土地を持つ長野県は、土地によって様々な風習が見られる県です。長野県の一部地域では、通夜の香典袋のほかに、紅白の水引をかけ、「お見舞い」の表書きを用いた袋を用意することがあります。これを見た他の地域の人はたいそう驚きますし、この風習を知らずに喪主となった場合も、大変戸惑うでしょう。これは、決しておめでたいと思っているわけではなく、「入院中にはお見舞いに行けず今になってしまって申し訳ありませんが、どうぞ受け取ってください」という意味が込められていると言います。遅ればせながらのお見舞金を、通夜の席でお渡しするという意味なのです。
しかし、特に親しい間柄でなければ、通常の香典のみを用意するほうが一般的のようです。

「前火葬」と「後火葬」が混在している

長野県では、通夜の翌朝に火葬をして、その後葬儀を行う「前火葬」と、通夜、葬儀が終わった後に火葬を行う「後火葬」の地域が混在しています。 葬儀・告別式の後に火葬を行う「後火葬」の地域では、出棺時に遺族が「いろ」と呼ばれる白い布を肩にかけて火葬場へ向かいます。これを「いろをつける」といいます。 そもそも白という色は、白蛇や白狐など神仏の使いの動物が白い色をしているように、この世とあの世を結ぶ霊界の象徴とも考えられています。 白い布を身につけることによって、故人と同じ格好をするということになるわけですが、「故人があの世へ旅立つ前までは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味が込められているのです。

長野県各地の葬儀事情

北部

中部

南部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社