“全国葬儀事情ガイド” TOP > 宮崎県の葬儀事情・お葬式のしきたり

宮崎県の葬儀事情・お葬式のしきたり

参列者にお菓子を配る

お菓子宮崎県では、通夜振舞いに参列者は参加せず、近親者のみで行うのが一般的ですが、これに代わるものとして、「隣組」などの近隣組織が饅頭やお団子などのお菓子を用意し、参列者に持ち帰ってもらうならわしがあります。これを「目覚まし」と呼びます。 また、お菓子ではなく、お米を持ち寄って一升飯を炊き、握り飯にして振舞うという方法をとる地域もあります。

首に白い布を巻く

宮崎県の一部地域では、出棺時に遺族が「いろ」と呼ばれる白い布を首に巻いて火葬場へ向かいます。これを「いろをつける」といいます。 白装束の名残とも言われているこの白い布ですが、これを身につけることによって、故人と同じ格好をするということになり、「故人へ旅立つまでは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味も込められています。
また、そもそも白という色は、白蛇や白狐など神仏の使いの動物が白い色をしているように、この世とあの世を結ぶ霊界の象徴とも考えられています。

出棺時に、故人の茶碗を割る

宮崎県では、出棺の際、故人の愛用していた茶碗を割る風習が広く見られますが、道路に投げて割る地域もあれば、和紙に包んで静かに割る地域など、その作法は地域によって様々です。これには「あなたの使っていたものはもう壊れたので、帰ってこられませんよ」という意味や、「この世への未練をきっぱりと絶ち、迷わずあの世へいけるように」という意味など、考え方には諸説あります。 また、郡部を中心に、お盆の「送り火」のように、藁やおがらを燃やして「あの世への道を照らして、迷わず旅立てるように」と見送る風習も見られます。

宮崎県各地の葬儀事情

南部

北部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社