“全国葬儀事情ガイド” TOP > 宮城県の葬儀事情・お葬式のしきたり

宮城県の葬儀事情・お葬式のしきたり

額に三角の白布をつけて出棺に立ち会う

三角の白布よくTVなどで幽霊役の人が身に着けている、あの三角の布。これをお葬式のときに身に着ける風習が、全国各地に点在して見られています。
この宮城県でも一部地域では、出棺の際に男性が白い三角の布、女性が白い頭巾をかぶる風習が見られます。この白い三角の布は死装束のひとつで、仏教では「宝冠(ほうかん)」と呼ばれています。白という色は、白蛇や白狐など神仏の使いの動物が白い色をしているように、この世とあの世を結ぶ霊界の象徴とも考えられています。
白い布を身につけることによって、故人と同じ格好をするということになるわけですが、「故人が旅立つまでは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味が込められているのです。

通夜に食べる「白ぶかし」

お通夜の際に、おこわを食べる慣習は全国各地で行われています。北海道が黒豆を混ぜたおこわなのに対し、宮城県では、小豆の一種の「白ササゲ豆」を混ぜたもち米をふかした「白ぶかし」がお通夜の夜にふるまわれています。
一説によると、通夜の夜におこわを食べるということは、故人をしっかり旅立たせ、埋葬するために、皆で力をつけましょうという意味があるといわれています。昔は土葬だったわけですから、翌日には重労働が待っているというわけです。この日は普段よりも力が付くようにとの意味で、おこわをたくさん用意し、ふるまったのかもしれません。

近隣組織「契約講」

全国的には都市部を中心にあまり見られなくなった地域の近隣組織ですが、宮城県では郊外などにまだ残っています。宮城県では「契約講」や「講中」とも呼ばれ、10件程度の家が一単位となって、通夜・葬儀の際に喪家を手伝います。「契約講」は、地域の重要な仕事と捉えられていて、会社の仕事よりも葬儀を優先するのが当然と考えられている地域もあります。葬儀社に葬儀を依頼する際も、遺族と葬儀社だけでなく、葬式組の代表との打ち合わせも欠かせません。

宮城県各地の葬儀事情

南部

北部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社