“全国葬儀事情ガイド” TOP > 三重県の葬儀事情・お葬式のしきたり

三重県の葬儀事情・お葬式のしきたり

涙を流すための「涙汁」

涙汁三重県では、精進落しの際、「出立ちの膳」といって、故人との最後に囲むお膳として、近親者が簡素な精進料理を食べますが、このとき、桑名などの一部地域では、かつおだしと胡椒で作られた胡椒汁が出されることがあります。これは「涙汁(なみだじる)」とも言われ、大変な辛さから涙を流すという意味合いと、辛さによってお葬式の疲れをとるための意味があるとされています。

地域から出される村香典

三重県には、10件程度の家が一単位となって、通夜・葬儀などを取り仕切ってくれる近隣組織があり、「組」と呼ばれています。組にとってお葬式を手伝うことは重要な仕事と捉えられていて、中には仕事を休んでまで葬儀を優先するのが当然と考えられている地域もあります。また、名張市には「村香典」といって、近隣や組の人たちが1~3千円程度の一定額のお香典を持ち寄って霊前に供えるという風習が見られます。これは、たとえ知り合いでなくとも地域一律で集められるといい、相互扶助の意識が根付いているからだと考えられます。

香典のほかに夜伽見舞いを出す

三重県では、通夜の際、「夜伽見舞(よとぎみまい)」といって、香典のほかに別途用意して遺族に渡す風習があります。県北部では「お淋し見舞い」と呼ぶこともあります。
この夜伽見舞いには、お菓子やお酒、缶詰など、主に食べ物や飲み物を用意することが多く、遺族はお通夜の後、故人が淋しくないように語り明かす際、いただいた夜伽見舞いを食べながら過ごし、残った場合は皆に配ります。夜伽見舞いをいただいた関係者には、香典返しの品物もより多くお返しするのがならわしです。
また、地域によっては、関係者が持ち寄った夜伽見舞いを、持ち寄った関係者も含めて皆でいただくという風習もあり、こちらは遺族が淋しくないように皆で元気付けるという意味合いが見て取れます。

三重県各地の葬儀事情

南部

北部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社