“全国葬儀事情ガイド” TOP > 京都府の葬儀事情・お葬式のしきたり

京都府の葬儀事情・お葬式のしきたり

友引の葬儀には「友人形」を棺に入れる

友引の日に葬儀をしない地域は全国的にも多数ありますが、これは、その土地のしきたりというよりも、火葬場の休業日となっているため、結果的に葬儀・告別式ができないという理由からのようです。しかし、京都府では、火葬場が開いているため、友引の日でも葬儀・告別式を行うことができます。
そもそも、友引とは六曜の中でも決して縁起の悪い日ではありませんでしたが、本来の意味である「勝負なし、共に退く」という意味を「死者が友を引いていく」つまり「死者が友を連れて行ってしまうからさらに死者が出てしまう」という意味に転じて始まった迷信です。要は単なる語呂合わせなのです。
迷信とはいえ、その意味を知っている人にとっては、あまり気分のいいものではありませんから、京都府など、友引の日にも葬儀を行う地域の多くは「友人形」(「供人形」とも書く)といって、いわば人間の身代わりとなる人形を棺に入れる風習が広く行われています。

供花には樒を用いる

お葬式では「供花」といって、花を故人に供えます。全国的には菊などの花を使うことが多いのですが、京都府では、京都市より南の地域で、この供花に「樒(しきみ)」を用います。この樒とは、古くから日本に自生していた常緑樹で、香りが強いのが特徴です。また、樒の実には猛毒があり、動物が近寄って荒らさないよう、墓地にも植えられていたといいます。この樒を供花として使うのは、故人に邪気が近寄ってこないための魔除けの意味があるようです。

香典袋に黄白の水引

香典袋全国的には香典袋の水引は白と黒のものを使いますが、京都府の多くの地域では黄色と白の水引を使います。葬儀で黄白の水引を使うのは、関西圏にしか見られない風習で、一説によると、黒は宮中で使用されていた「玉虫色」に似通っているため紛らわしく、その次に「喪」を表す色である黄色を使い始めたことから由来しているとも言われています。



京都府各地の葬儀事情

京都市内

北部

南部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社