“全国葬儀事情ガイド” TOP > 高知県の葬儀事情・お葬式のしきたり

高知県の葬儀事情・お葬式のしきたり

納棺までは生きているように接する

納棺まで生きているように接する高知県には、納棺されるまでの間、故人を「生きている人」として接する風習があります。普段使用していた布団に寝かせてあげ、「おはようございます」など日常と同じような言葉をかけながら過ごし、枕元には家族と同じ食事を運びます。また、故人の枕元で朝を迎える習慣があり、さらには、出棺前の夜には枕を並べて“添い寝”で休むこともあります。故人の枕元には、枕飾りが飾られますが、そのほか、逆さ屏風を立てる風習も残っています。
また、土佐郡の一部では、故人を病人として接する地域もあります。病を患いながらもいまだ生のある人として、家族やご近所がお膳を用意し、故人の好物などのご馳走を作り供えます。これを“養生見舞い”と言います。お膳を供える際には、「起きてきて食べませんか」と、家族全員が声をかけ、捧げるのです。

出棺時に故人の羽織を振り、茶碗を割る

出棺の際、棺には故人が愛用していた羽織を裏返し、上下逆さにしてかぶせ、その上には茶碗を載せておきます。そして、玄関を出る時には、その茶碗を割り、羽織を3回振るならわしが高知県で広く行われています。茶碗を割る風習は“食断ち”といい、現世への心残りをきっぱりと絶つために、また、羽織を振る風習は“お願いほどき”“願ぶるい”“棺ぶるい”などと呼び、故人が生前に神仏に願ったことを取り下げ、未練を断つために行われています。土佐では茶碗を割る際「これでしもうた」と声に出して割るそうです。

「講」組織が通夜・葬儀を手伝う

四国全域には、10件程度の家が一単位となって、通夜・葬儀などを取り仕切ってくれる「講」と呼ばれる近隣組織があります。講は、地域の重要な仕事と捉えられていて、中には仕事を休んでまで講を優先するのが当然と考えられている地域もあります。 通夜の際や通夜終了後に、講の女性たちが念仏をあげることもあり、これは「念仏講」と呼ばれています。

高知県各地の葬儀事情

東部

西部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社