“全国葬儀事情ガイド” TOP > 鹿児島県の葬儀事情・お葬式のしきたり

鹿児島県の葬儀事情・お葬式のしきたり

一膳飯を「じつの飯」と呼ぶ

じつの飯故人が安置されている横に飾る枕飾りには、仏具や枕団子、一膳飯(枕飯)、お茶などが供えられますが、鹿児島県ではこのときの一膳飯を「じつの飯」と呼び、箸を2本まっすぐに立てます。この「じつ」とは、「直(じき)」から来ている言葉で、亡くなったあと直ぐに炊くご飯ということからこう呼ばれています。一部地域では、供えるお茶の代わりに味噌汁を供えるところもあります。
県南地方では、納棺をする際、焼酎で「別れの杯」をかわす風習も見られ、このとき遺体には少量の焼酎をふりかける場合もあります。

出棺前に「別れ飯」を食べる

鹿児島県の一部地域では、出棺前に「別れ飯」を食べ、北部の一部地域では、参列者にもこの「別れ飯」を振舞うことがあります。最近では火葬場で食事を取るため、別れ飯を省略する傾向が強いそうですが、古い家などではいまだに行われています。

棺を担ぐ人は、首から白い布をかける

鹿児島の郊外では、出棺時に棺を担ぐ人が「いろ」と呼ばれる白い布を肩にかけて霊柩車へ乗せ、火葬場へ向かいます。また、島しょ部では、遺族が白い布をかぶったり、肩からかけたりしますが、これに参列者も加わる地域もあります。この白い布は、葬儀から帰ってきて玄関に入る前に、垣根や扉の外側にくくりつけ、忌み事が家に入ってこないようにします。
首にかけたりかぶったりする白布ですが、そもそも白という色は、白蛇や白狐など神仏の使いの動物が白い色をしているように、この世とあの世を結ぶ霊界の象徴とも考えられています。白い布を身につけることによって、故人と同じ格好をするということになるわけですが、「故人があの世へ旅立つ前までは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味が込められているのです。

鹿児島県各地の葬儀事情

南西部

北部/南東部

離島部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社