“全国葬儀事情ガイド” TOP > 香川県の葬儀事情・お葬式のしきたり

香川県の葬儀事情・お葬式のしきたり

末期の水は樒で行う

末期の水香川県では、末期の水の儀式の際、綿ではなく、樒の枝葉を水に浸して行うのが一般的です。また、枕飾りに樒を飾ることもあります。






納棺せずに通夜を行う

香川県では、自宅葬をする場合、納棺を葬儀の直前に行う地域があり、この場合、通夜は故人を布団に寝かせ安置した状態で行います。これは遠方から弔問に来た参列者などからはたいそう驚かれるそうです。納棺の際には、たすきを逆さにかける風習もあります。
出棺の際は、故人愛用の茶碗を割り、この世との未練を断ちますが、このとき、お盆の「送り火」のように、藁やおがらを炊いて送り出すこともあります。

「講」組織が通夜・葬儀を手伝う

四国全域には、10件程度の家が一単位となって、通夜・葬儀などを手伝ってくれる「講」と呼ばれる近隣組織があります。講は、地域の重要な仕事と捉えられていて、中には仕事を休んでまで講を優先するのが当然と考えられている地域もあります。香川では、通夜の際や通夜終了後に、講の女性たちが念仏をあげることもあり、これは「念仏講」と呼ばれています。

香典の表書きの特徴

葬儀の際、全国的には「御霊前」とすることの多い、香典袋の表書きですが、香川県では、通夜には「御悔」、葬儀には「御香典」を用いることが、広く行われています。

女性の紙に三角の紙を挟む

香川県では、火葬場へ移動する際、近親者の女性が紙に白い三角の紙を挟むことがあります。これは、県内全般で広く行われていて、子孫を残す女性を、死の穢れから守るという意味合いがあるとも言われています。
故人が火葬され、火葬場から戻った際、家に入る前に塩と水で清めますが、島しょ部の一部地域では、青竹で模した小さな竹馬をまたぐならわしがあり、その際には、米粒を噛みながら塩をかけます。

香川県各地の葬儀事情

香川県

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社