“全国葬儀事情ガイド” TOP > 岩手県の葬儀事情・お葬式のしきたり

岩手県の葬儀事情・お葬式のしきたり

葬儀式場へは、遺族が後に入る

全国的に見ると、お葬式の際は遺族が先に会場に入って、参列者を迎える格好になることが一般的ですが、岩手県ではその逆で、先に参列者が会場に入り、その後で遺族が行列して入場することがあります。その後、僧侶が入場し、葬儀が始まるのです。

通夜を何度も行う

岩手県は雪深く山も多い地域ですので、昔は今ほど行き来が簡単ではありませんでした。ですから、県内でもさまざまな風習が見られる、特徴のある地域です。多くの地域で、逝去から葬儀式までを3日~5日間空けるのも、その移動時間を取るために始まった風習なのかもしれません。
沿岸部などでは、逝去から葬儀まで毎夜、供養を行い、これをすべて「お通夜」として営みますし、県央部などでは、火葬の前日にお通夜を営み、通夜が終わった夜にもう一度同じような内容の儀式を営む「お逮夜」を行います。この逮夜は、近親者のみで行うことがならわしで、一般参列者は遠慮するのが一般的です。

六文銭が100万円

六文銭が100万円納棺の際、副葬品として故人の愛用の品や、旅支度の杖や脚絆などを入れる風習は全国的に見られますが、このとき「六文銭」といって、紙に一文銭を六つ印刷したものを入れることがあります。「三途の川の渡り賃」とも言われていて、昔は本物の六文を入れていたのでしょうが、貨幣価値が変わった今でも、慣習だけ残っているのです。 さて、岩手県でもこの風習は残ってはいるのですが、他の地域とは一味違うのが金額です。岩手県では紙に「100万円」と書いて棺に入れる風習があるのです。これには、故人があの世でお金に困らないようにとの思いが込められていて、中には「1千万円」とか「1億円」と書くこともあるようです。

岩手県各地の葬儀事情

北部

南部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社