“全国葬儀事情ガイド” TOP > 石川県の葬儀事情・お葬式のしきたり

石川県の葬儀事情・お葬式のしきたり

喪主は白装束で火葬場へ

白装束石川県では、出棺し、火葬場へ移動する際、喪主が白装束を着るならわしがあります。
通常の喪服は黒ですし、白装束と聞くと、死装束の印象が強いため、違和感を持つ方も多いかもしれませんが、実は、古来日本では喪服の色は白だったのです。逆に黒とは現在でも結婚式に出席する既婚女性が黒い留袖を着るように、おめでたい席で着る色だったのです。喪服の白と黒が逆転したのは、明治時代までさかのぼります。明治天皇の嫡母である英照皇太后の葬儀の際、当時欧化政策を押し進めていた明治政府が、黒を喪の色とする西洋からの国賓の前でも恥ずかしくないようにとの思惑があってか、哀悼の意を表す色としてはじめて黒を採用したのです。
喪主が白い喪服を着るという、全国から見れば少数派の石川県の風習ですが、古来からの長い歴史を見ていくと、本流といえるのかもしれません。

清めの塩を一緒に「ぬか」をかける

お葬式へ参列した人が帰宅する際、玄関先でお清めの塩をかける風習は、全国で広く見られていますが、石川県の一部地域では、このとき清めの塩と一緒にお米の「ぬか」をかける風習が見られます。
この「お清め」ですが、そもそも「清め」という考え方は仏教にはなく、神道から来る考え方です。神道のお葬式の祭壇には「神饌(しんせん)」といって食物をお供えしますが、その中にこの「ぬか」の元となる「稲穂」も含まれることから、神道の影響とその土地の風習が混ざり合ってできたしきたりなのかもしれません。

火葬当日に分骨し、菩提寺へ納める

浄土真宗王国とも言われる石川県、お寺とのつながりは他の地域と比べても密接な傾向にあります。石川県は、葬儀・告別式の後に火葬する「後火葬」の地域ですが、火葬し収骨する際に2つの骨壷に分骨して、そのうちひとつを当日のうちに菩提寺へ納めに行くという家が少なくありません。

石川県各地の葬儀事情

南部

北部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社