“全国葬儀事情ガイド” TOP > 茨城県の葬儀事情・お葬式のしきたり

茨城県の葬儀事情・お葬式のしきたり

撒き銭

茨城県の一部には、出棺の際、遺族が参列者へ向けて半紙にくるんだ小銭を撒く風習があり、これを「撒き銭」と呼んでいます。お金ではなく、キャラメルや飴など100円程度のお菓子を配るということで代用する場合もあります。年々減ってきている風習ではありますが、大往生された高齢者のお葬式などではいまだ見かけることができる風景で、この撒き銭を拾って持ち帰ると、「長寿をした故人にあやかって長生きができる」とされ、縁起が良いと考えられています。

清めの塩を一緒に鰹節をかける

鰹節お葬式へ参列した人が帰宅する際、玄関先でお清めの塩をかける風習は、全国で広く見られていますが、茨城県では水戸などの地域で、このとき清めの塩と一緒に「鰹節」を食べる風習が見られます。鰹節は、口に含む場合もあれば、塩を一緒にかける場合もあり、地域によって作法はさまざまです。
そもそも「清め」という考え方は仏教にはなく、神道から来る考え方で、神道のお葬式の祭壇には「神饌(しんせん)」といって食物をお供えしますが、その中にこの「鰹節」も含まれることから、前出の「七日ざらし」と同じく、神道の影響とその土地の風習が混ざり合ったしきたりなのかもしれません。

七日ざらしの風習

猿島郡などの一部地域では、故人の着物や衣服を家の裏に北向きで干し、水をかけて常に濡れた状態にしておく「七日ざらし」の風習があります。なぜこのようなことをするのか理由は明らかではありませんが、「清める」という性質が見て取れます。おそらくは、「死の穢れを清める」という神道の考えからきている風習なのではないでしょうか。

茨城県各地の葬儀事情

県央

県北

県南

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社