“全国葬儀事情ガイド” TOP > 兵庫県の葬儀事情・お葬式のしきたり

兵庫県の葬儀事情・お葬式のしきたり

出棺の際、棺を3回まわす

兵庫県の播磨地方の一部では、出棺の際に近親者で棺を3度、ぐるぐると回すというしきたりが見られます。これは、「三度回し」「棺回し」などと呼ばれ、その意味は諸説あります。ひとつは、棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためで、「迷いなくあの世へ旅立っていってほしい」という願いがこめられていると考いうもの。もうひとつは、この「回る」という行為は、仏教の修行にも多く見られたり、お遍路さんが聖なる場所を回ったりするように、回るという儀式を行うことで仏教の修行を実践するとみなし、現世での罪をなくそうとする「減罪信仰」からとも言われています。
棺をまわして出棺をするとき、故人の愛用の茶碗を割る風習が広く見られますが、川西市では茶碗を割るのは女性の仕事とされています。

供花には樒を用いる

樒お葬式では「供花」といって、花を故人に供えます。全国的には菊などの生花を使うことが多いのですが、兵庫県ではこの供花で主に「樒(しきみ)」を用います。
この樒とは、古くから日本に自生していた常緑樹で、香りが強いのが特徴。「香花(こうげ)」とも呼ばれていて、この樒から抹香を作ったり、昔は死臭を防ぐために用いられていたのが、供花に樒を使うようになった由来といわれています。また、樒の実には猛毒があり、動物が近寄って荒らさないよう、墓地にも植えられていたといいます。この樒を供花として使うのは、故人に邪気が近寄ってこないための魔除けの意味もあるようです。
神戸市の近郊では、火葬の前に樒を水に浸し、棺にそのしずくをかけるという風習も残っています。

香典袋に黄白の水引

全国的には香典袋の水引は白と黒のものを使いますが、兵庫県では多くの地域で黄色と白の水引を使います。葬儀で黄白の水引を使うのは、京都など関西圏にしか見られない風習で、一説によると、黒は宮中で使用されていた「玉虫色」に似通っているため紛らわしく、その次に「喪」を表す色である黄色を使い始めたことから由来しているとも言われています。

兵庫県各地の葬儀事情

南東部・神戸市

北西部

淡路島

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社