“全国葬儀事情ガイド” TOP > 北海道の葬儀事情・お葬式のしきたり

北海道の葬儀事情・お葬式のしきたり

香典に領収証が出る

香典に領収書北海道では、葬儀の受付で香典を出すと、目の前で封が解かれ、中身を確認します。そして「5千円でよろしいですか」と確認されたうえで、名前が記入された領収証が発行されるのです。但し書きはもちろん「香典代として」。葬儀専用の領収証も売られているくらい、北海道では常識となっているならわしとなっています。会葬御礼の品物も、QUOカードや図書カードなどの商品券を用いることからも、合理的な道民性とも言われている特徴をうかがい知ることができます。

一般人でも新聞に訃報広告を出す

道内では、死亡通知に新聞の訃報広告を利用することが一般的です。特に地元紙である北海道新聞には、一般人の訃報広告専用のページが設けられています。このページには、黒枠で囲われた訃報広告が紙面に所狭しと並びます。地方紙とはいえ、シェア50%にも迫る最有力媒体。地元密着型に加えて部数も多いため、需要が高いのでしょう。また、希望すれば訃報の折込チラシも入れることができます。

通夜の前に火葬を行う

道南など一部地域では、通夜の前に荼毘に伏し、遺骨で通夜、葬儀告別式を執り行います。最初が火葬、続いて通夜、翌日に葬儀・告別式を執り行うというわけです。一説によると、昭和29年の洞爺丸沈没事故の影響とも言われています。青函連絡船が台風にあって転覆し、千人以上の方々が亡くなったため、火葬を急がなければならなかったのだそうです。それが定着した独特の風習なのかもしれません。

北海道各地の葬儀事情

札幌周辺

道南

道央・道北

道東

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社