“全国葬儀事情ガイド” TOP > 広島県の葬儀事情・お葬式のしきたり

広島県の葬儀事情・お葬式のしきたり

出棺の際、棺を3回まわす

広島県の一部では、出棺の際に近親者で棺を担ぎ、3度ぐるぐると回すというしきたりが見られます。これは、「三度回し」「棺回し」などと呼ばれ、その意味は諸説あります。ひとつは、棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、家に戻ってこられないようにするためで、迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられていると考えられているというもの。もうひとつは、この「回る」という行為は、仏教の修行にも多く見られたり、お遍路さんが聖なる場所を回ったりするように、回るという儀式を行うことで現世での罪をなくすための修行を行っているとする「減罪信仰」からとも言われています。
また、備後地方では出棺の際に「茶碗割り」といって、故人の愛用の茶碗を割る風習が見られますが、浄土真宗の門徒が多い安芸などの地方ではほとんど行われていません。

位牌に白いさらし布をかぶせる

位牌に白いさらし布をかぶせる備後地方の一部の禅宗の家では、故人の戒名が書かれた白木の位牌に、白いさらし布で作った覆いをかぶせ、少しずつすりあげていくといった変わった風習が見られます。
このほか、一部地域では、通夜は納棺せず、布団に寝かせたまま行うという風習が見られますが、県内のほかの地域では納棺した状態で通夜を行うのが一般的です。



酉の日は葬儀を避ける

迷信で「死者が友を引き、連れて行ってしまう」とされ、多くの地域がお葬式を避ける六曜の「友引」ですが、広島県では「酉の日(とりのひ)」にもお葬式を避ける傾向にあるといいます。酉の日は昔から「田植えをしてはいけない」と言われていることもあり、特に農村部では良くない日という印象が強いため、友引と同じように葬儀を避けるようになったのでしょう。

広島県各地の葬儀事情

西部

中部

東部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社