“全国葬儀事情ガイド” TOP > 群馬県の葬儀事情・お葬式のしきたり

群馬県の葬儀事情・お葬式のしきたり

子の人数分の位牌を作る

仏式では、お坊さんから授かった故人の戒名を位牌に刻み、仏壇に安置されるのがならわしです。この仏壇は、一般的には供養をする喪主の家にひとつだけ。つまりは位牌もひとつなのですが、群馬県には、残された子供の人数分の位牌を作り、各々の家の仏壇に安置するという一風変わったしきたりが見られます。つまりは、故人に3人の子供がいたとすると、3つの位牌を作るということなのです。
おかしな風習だと感じるかもしれませんが、仏教の教えから考えるとさほどおかしいことなどではなく、「位牌に故人がいるのではなく、例えればあの世への窓口のようなもの。その向こうに故人がいるとするならば、別に窓口がいくつあってもかまわない」と説明するお坊さんもいらっしゃいます。なんだか電話の子機のようで、親しみが沸く風習だと思うのです。

出棺の際、遺族が参列者へ向けて小銭を撒く

小銭を撒く群馬県の一部には、出棺の際、遺族が参列者へ向けて半紙にくるんだ小銭を撒く風習があり、これを「撒き銭」と呼んでいます。小銭を撒くのは誰のお葬式でも良いということではなく、長寿を全うされた高齢者に限られます。年々減ってきている風習ではありますが、大往生された方のお葬式などではいまだ見かけることができる風景で、この撒き銭を拾って持ち帰ると、「長寿をした故人にあやかって長生きができる」とされ、縁起が良いと考えられています。また、周辺の人に故人の財産からふるまうという意味では、功徳を積んだとすることができ、故人があの世で良い思いができるようにとの願いも込められているといいます。

でがの飯を回す

農村部では、告別式が終わった後、「でがの飯」もしくは「でわの飯」と呼ばれる一膳飯が回されることがあります。でがの飯とは、一本の箸でお椀の米を少しだけ手にとって食べるか、食べるまねをするという風習で、一説には、皆で一緒に故人を見送るという意味があるといいます。

群馬県各地の葬儀事情

群馬県

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社