“全国葬儀事情ガイド” TOP > 福島県の葬儀事情・お葬式のしきたり

福島県の葬儀事情・お葬式のしきたり

「前火葬」と「後火葬」が混在している

福島県では、通夜の翌朝に火葬をして、その後葬儀を行う「前火葬」と、通夜、葬儀が終わった後に火葬を行う「後火葬」の地域が2分されています。
全国有数の広さである福島県ですし、江戸時代は10以上の国(藩)に分かれていたということからも、土地によって風習が全く違うということも頷けます。いわき市などは後火葬の地域ですが、いわき市には江戸時代、幕府直轄となった地域も含まれていますので、県内で火葬の順番が違うという特徴を作った一因なのかもしれません。

出棺は仮門から

仮門出棺の際に玄関の脇に仮門を作って、そこをくぐって出棺するという風習が、福島県の一部地域に残っています。仮門とは、竹などの素材をアーチのように曲げたもので、出棺の後はすぐに壊してしまいます。仮門とは冥土の入り口という意味があり、死者が戻ってきても、入り口が無いのでこの世に帰ることができないのです。農村部などでは、この仮門を燃やす「門火(かどび)」を焚く地域もあり、お盆の送り火と同じように、霊が迷わずあの世へいけるようにとの意味があると考えられています。

通夜振舞いで、遺族は接待をしない

福島県では、近隣組織である「隣組」や「念仏講」とも呼ばれる、10件程度の家が一単位となっている組が、通夜・葬儀の際に喪家を手伝います。一部地域では、基本的に遺族は参列者の接待をしないという考え方があり、参列者への接待には、隣組や関係者が動きます。このように、葬儀には欠かせないとされている「隣組」は、地域の重要な仕事と捉えられていて、会社の仕事よりも葬儀を優先するのが当然と考えられている地域もあります。葬儀社に葬儀を依頼する際も、葬儀社だけでなく、隣組の代表との打ち合わせも欠かせません。

福島県各地の葬儀事情

北部

南部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社