“全国葬儀事情ガイド” TOP > 福井県の葬儀事情・お葬式のしきたり

福井県の葬儀事情・お葬式のしきたり

お葬式に赤飯が出る

赤飯福井県の沿岸部などでは、長寿を全うして大往生された故人のお葬式で、お赤飯が出されることがあります。一般的には「おめでたいときに出される食事」という印象が強いお赤飯ですが、一説では、天寿を全うされて、安らかに旅立った故人の人生をお祝いするという意味が込められているといいます。
また、災いを福に転じさせるという「縁起直し」の意味合いで、お葬式にお赤飯を食べるという説もあります。古来東洋では、赤とは邪気を祓い、厄を除ける力があるとされていましたので、その儀式が祭事であれ、お葬式であれ、非日常の世界との距離が近くなる時に食べられていたといいます。そう考えると、お葬式でお赤飯を食べるということはなんら不思議ではないことかもしれません。

お葬式に集まった女性たちが歌を詠う

福井県の一部では、お葬式の際に「念仏講」や「観音講」という地域組織に属している年配の女性が集まり、歌を詠うことがあります。その歌の内容とは、仏教の教えを五・七・五・七・七の言葉で和歌にしてある、優しく穏やかな日本風のメロディに載せた歌で、これを「御詠歌」と言います。御詠歌には様々な宗派があり、同じ宗派の中でも流派が分かれています。流派によって、仏具の鈴(れい)や、雅楽で使う金属の打楽器・鉦鼓(しょうこ)を用いて御詠歌を唱和します。
近年、住宅街などでは騒音の問題などで徐々に見られなくなっている風習ですが、寺院で行うお葬式や農村地などでは今でも見られる風景です。

出棺時に、米をまき、茶碗を割る

福井県はおおまかにいうと、浄土真宗の多い嶺北地方と、禅宗の多い嶺南地方に分かれていて、お葬式のしきたりもそれぞれ特徴があります。
嶺南地方の一部では、出棺の際に、棺に向かってお米をまき、故人の使っていた茶碗を割るったり、お盆の時の様に、藁を焚く「送り火」のを行ったりするなど、お葬式の儀礼が細かく決まっていますが、同じ福井県でも嶺北地方ではほとんど見られないそうです。

福井県各地の葬儀事情

福井県

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社