“全国葬儀事情ガイド” TOP > 愛媛県の葬儀事情・お葬式のしきたり

愛媛県の葬儀事情・お葬式のしきたり

出棺の際に棺を回す

愛媛県では、出棺の際に近親者4人で棺を担ぎ、3度ぐるぐると回してから道の中央に止まり、つづいてその周りを近親者がまわるというしきたりが見られます。
これは、「三度回し」「棺回し」などと呼ばれ、棺を回すことで故人の方向感覚を無くし、戻ってこられないようにすることで、迷いなくあの世へ旅立っていってほしいという願いがこめられていると考えられています。

「講」組織が通夜・葬儀を手伝う

四国全域には、10件程度の家が一単位となって、通夜・葬儀などを手伝ってくれる「講」と呼ばれる近隣組織があり、愛媛県では、「仕講組」「葬式組」とも呼ばれていて、各家から夫婦単位で喪家を手伝います。四国において、講とは、地域の重要な仕事と捉えられていて、中には仕事を休んでまで講を優先するのが当然と考えられている地域もあります。

出棺の際に故人の茶碗を割り、お弁当を持たせる

枕飯のおにぎり出棺の際、故人が使っていた茶碗が遺族の手で割られます。このとき、藁火を炊きながら行ったり、炒った大豆を茶碗に入れて割ったりと、地域によって作法はまちまちです。
また、旅衣装(死装束)のひとつに「頭陀袋」があり、葬儀までの間故人の茶碗に盛っていた枕飯を握ったものを入れ、冥土への旅する途中のお弁当代わりにする地域もあります。

額に三角の白布をつけて参列する

愛媛県の一部地域では、遺族が額につける白い三角布を身に着けて火葬場へ向かいます。よくTVなどで幽霊役の人が身に着けている、あの三角の布で、「いろ」と呼ばれ、これを身に着けることを「いろをつける」と呼ばれています。
故人と同じ格好をするということになるわけですが、「故人への引導が渡され、三途の川を渡るところまでは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味があります。

愛媛県各地の葬儀事情

西部

東部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社