“全国葬儀事情ガイド” TOP > 千葉県の葬儀事情・お葬式のしきたり

千葉県の葬儀事情・お葬式のしきたり

「前火葬」と「後火葬」が混在している

千葉県は、千葉市周辺などの大都市と、そのほかの郊外とでは、お葬式を取り巻く状況が大きく異なります。その最たる特徴が「前火葬」と「後火葬」の混在です。 千葉県では、千葉市周辺の都市部では東京などの地域と同じように、通夜、葬儀が終わった後に火葬を行う「後火葬」を行い、館山市などの房総地域では、通夜の翌朝に火葬をして、その後葬儀・告別式を行う「前火葬」をし、さらにその当日に納骨までを済ませます。
また、地域によっては「葬式組」や「班」と呼ばれる近隣住民の組織が機能していて、寺院との連絡やお葬式の準備などを手伝っています。
千葉県では、都市部ではお葬式も都市化・合理化され、無くなってしまった風習が、農村部や房総地域などではいまだに残っていて、中には数十名単位でお葬式すべてを取り仕切るケースもあるようです。

長寿の祝い銭を配る

千葉県の一部地域では、故人が長寿を全うされた場合のみ、紅白の水引が印刷された小さな“ポチ袋”に、穴に紅白の紐を通した5円玉を入れ、会葬礼状と一緒に配ります。この袋には「長寿」と書いてあり、これは「長寿銭」と呼ばれています。 また農村部には、葬式組の「年寄り講」と呼ばれる老人たちが太鼓をたたき、遺族と僧侶がお題目を唱える風習が残っている地域もあり、このとき遺族は「志」と書いた袋に百円をいれ、葬式組の皆に配ります。 これらは、全国各地で見られる「撒き銭」と同じ意味合いを持った風習と考えられ、この長寿銭お持ち帰ると「長寿を全うした故人にあやかることができる」といわれ、縁起の良いものとして考えられています。

夜伽

夜伽千葉県では、お通夜のことを「夜伽(よとぎ)」と呼ぶ地域があります。
夜伽とは、故人の側で過ごすことを言い、夜通し起きて寝ずの番をするのです。夜通し皆でおきていますので、飲食を伴うということから「夜伽見舞い」などの食べ物を持ち寄るならわしも見られます。
都市部では2~3時間ほどで終わる「半通夜」が一般的になった一方で、夜通し通夜を行う「夜伽」が残っているのも、千葉の暖かな風習といえるでしょう。

千葉県各地の葬儀事情

中央部

北部

南部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社