“全国葬儀事情ガイド” TOP > 青森県の葬儀事情・お葬式のしきたり

青森県の葬儀事情・お葬式のしきたり

通夜の前に火葬を行う

青森県のお葬式では、東北のほかの地域と同じように、通夜の前に火葬を行う「前火葬」が、多くの地域で広く行われています。
雪深い地域だから、皆が集まることができるまでとりあえず火葬までを行っておくため。という説がある一方で、青森県では一味違ったいきさつが語られています。それは、昔のお殿様が真夏に亡くなったことがあり、葬儀の準備期間中に遺体が傷まないよう、先に火葬したことがあったそうで、皆もそのお殿様の方法にならって、通夜の前に火葬するのが正しいとされるようになったとのこと。流行から風習が生まれた、大変珍しい例です。

忌中のしるし「もがり」

もがり青森県では、お葬式を出す家では、忌中のしるしとして、長さ1.5mほどの木の棒を2本クロスさせて、×印にしたものを門に飾ることがあり、これを「もがり」と言います。この「もがり」とは本来、古代日本で行われていた儀式で日本書紀などにも登場していますが、その内容は少々違っていて、死者を棺に安置し、本葬までの期間、死者を慰め、生活を共にするという儀式や、その場所の名称のことです。青森県で見られる「もがり」とは、この儀式から派生して、「ここで死者が葬儀を待っていますよ」と知らせる意味だけが残っているのかもしれません。

骨壷に収めずに納骨する

青森県内の一部の地域では、お葬式を終えた家に近隣の人々が集まり、遺族をねぎらう風習が見られます。これを「ゆどき」といい、「念仏講」全国的に見ると、火葬場でお骨上げ(収骨)を行い、骨壷や骨箱に納めた遺骨は、そのまま容器に入ったまま納骨されるのが一般的ですが、青森県の多くの地域が、納骨の際に遺骨を容器から出し、そのままの状態で納骨するという独特の方法をとっています。「個」を保てない方法ではありますが、「土に還る」という意味では、最も効率的な風習なのかもしれません。

青森県各地の葬儀事情

東部

西部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社