“全国葬儀事情ガイド” TOP > 秋田県の葬儀事情・お葬式のしきたり

秋田県の葬儀事情・お葬式のしきたり

通夜の前に火葬を行う

秋田県のお葬式の流れは、納棺、火葬、通夜、葬儀の順に行う場合と、通夜、納棺、火葬、葬儀の順に行う場合とが混在しています。 どちらも葬儀の前に火葬を行う「前火葬」ですが、通夜の前と後に分かれているのです。
秋田県では、他県に比べて「納棺の儀」に重きを置いているという傾向が見られ、納棺の前に故人を清める「湯かんの儀」を自宅で行うことが一般的です。
故人を安置した脇に飾る枕飾りには、仏具や枕団子、一膳飯のほかに「死華花(しかばな・四華花とも書く、紙でできた造花)」を飾ります。

焼香の際に、小銭を置く

焼香の際に小銭を置く東北地方の一部では、焼香の際に焼香盆に数十円程度の小銭を添える風習がありますが、特に秋田県では広範囲にこの風習が見られます。
お香典とは別に、小銭を供える風習は日本各地に点在して見られますが、故人があの世に旅立つお手伝いをするお金というニュアンスがあると考えられています。

念仏講が歌を詠う

秋田県内の一部の地域では、お葬式を終えた家に近隣の人々が集まり、遺族をねぎらう風習が見られます。これを「ゆどき」といい、「念仏講」や「観音講」という地域組織に属している年配の女性が集まってきて、歌を詠うことがあります。内容は、仏教の教えを五・七・五・七・七の和歌にしてある優しい雰囲気の歌で、「御詠歌」と言われています。流派によって、仏具の鈴(れい)や、雅楽で使う金属の打楽器・鉦鼓(しょうこ)を用いて、唱和します。また、このとき大きな長い数珠を皆で一緒に繰りながら念仏を唱える「百万遍」の儀式を行うこともあります。
葬儀前に火葬をする「前火葬」の地域でもある秋田県、葬儀当日に納骨までを済ませることも多く、すべてを終えた遺族をねぎらうというこの風習が生まれやすかったのかもしれません。

秋田県各地の葬儀事情

北部

南部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社