“全国葬儀事情ガイド” TOP > 愛知県の葬儀事情・お葬式のしきたり

愛知県の葬儀事情・お葬式のしきたり

お淋し見舞い

愛知県では、通夜の際、香典のほかに「お淋し見舞い(おさみしみまい)」または「寂し見舞」といって、別途遺族に渡す風習があります。お淋し見舞いには、お菓子やお酒、缶詰など、主に食べ物や飲み物を用意することが多く、遺族はお通夜の後、故人が淋しくないように語り明かす際、いただいたお淋し見舞いを食べながら過ごし、残った場合は皆に配ります。お淋し見舞いをいただいた関係者には、香典返しの品物もより多くお返しするのがならわしです。 また、地域によっては、関係者が持ち寄ったお淋し見舞いを、持ち寄った関係者も含めて皆でいただくという風習もあり、こちらは遺族が淋しくないように皆で元気付けるという意味合いが見て取れます。

額に三角の白布をつけて出棺に立ち会う

額に三角の白布よくTVなどで幽霊役の人が身に着けている、あの三角の布。これをお葬式のときに身に着ける風習が、全国各地に点在して見られています。
愛知県の一部地域では、出棺の際に男性が白い三角の布、もしくは白い紙を頭に巻いて出棺に立ち会う風習が見られます。この白い三角の布は死装束のひとつで、仏教では「宝冠(ほうかん)」と呼ばれています。白という色は、白蛇や白狐など神仏の使いの動物が白い色をしているように、この世とあの世を結ぶ霊界の象徴とも考えられています。
白い布を身につけることによって、故人と同じ格好をするということになるわけですが、「故人があの世へ旅立つ前までは、私たちも故人と共に見送りますが、そこから先はお一人で旅立ってください」という意味が込められているのです。

涙を流すための「涙汁」

愛知県の尾張地方では、精進落しの際、「出立ちの膳」といって近親者が簡素な精進料理を食べますが、このとき、胡椒汁や唐辛子汁が出されることがあります。これは「涙汁(なみだじる)」とも言われ、大変な辛さから涙を流すという意味合いと、辛さによってお葬式の疲れをとるための意味があるとされています。

愛知県各地の葬儀事情

北西部・名古屋

東部

南西部

このページの先頭に戻る▲

  • おくりびと
  • 生花祭壇作り
  • 湯灌・納棺
  • エンバーミング
  • 葬儀司会
  • 幕張り
  • 葬祭ディレクター
  • 運営会社